記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン マニラ 出張 旅行へGO

こんにちは! ドライバーマンです。

フィリピン出張 特にマニラに出張や個人的な旅行でいらっしゃる方にちょっとした準備するもの予備知識的なものをシリーズでお話しします。


フィリピン出張 / マニラ出張



特にフィリピンにはじめてくるような方、何回か行ったことはあるけど団体だった方など、慣れない土地でいろいろアレンジするのは大変ですね。そんな方の少しでも参考になればと思います。
実際にフィリピンで暮らしている目線から安全なフィリピン・危険なフィリピン・普通なフィリピンを語らせてくださいね。
今回は空港のお迎えです。


■フィリピン出張/マニラ出張<空港タクシー編>目 次■
 ・マニラ空港(NAIAニノイ・アキノ空港)基礎編
 ・マニラのタクシー種類とトライシクル・ジプニー(JEEPNEY)
 ・マニラ空港タクシーおすすめ
 ・マニラ近郊タクシーおすすめ

・マニラ空港(NAIAニノイ・アキノ空港)基礎編


フィリピンマニラの空の玄関口はNAIA(ナイア)と呼ばれています。ターミナルは4つあり1から3が国際線、4は国内線のターミナルです。(それぞれのことをNAIA1からNAIA4)
日系の飛行機はJAL,ANAどっちも毎日成田、羽田から来ています。福岡、関空からも直行便があり東京からは4時間くらいで到着します。

・NAIA1  国際線  JALなど
・NAIA2  国際線  PAL(フィリピンエアライン)がほとんど
・NAIA3  国際線  ANAなど
・NAIA4  国内線  国内線向け航空会社

ターンテーブルで荷物を受けとり、税関を抜けるとフィリピン人がタクシーとか話かけてきますが、そんな人につかまってしまうとぼったくりにあってしまいますので注意してください。
両替やホテルの話はまた今度。
とにかく、よくわからないフィリピン人に話しかけられても「無視」が一番です。
愛想よくフィリピン人とファーストコンタクトしようかな。なんて考えると観光・出張がばれてしまいます。
ぼったくりされた人の中には1000ペソや2000ペソを要求されたなんて人もいますので、ご注意ください。(1円=2.2円程度)

空港から都市部までは公共交通機関はありません。フィリピンにはモノレールのような電車が走っていますが、空港にはつながっていません。バスもありますが、観光客・出張者が荷物を持って乗車するようなものではないです。
空港までのお迎えがない場合には、タクシーに乗らざるをえないでしょう。


フィリピンは英語の国ですので、英語が苦手な方は指さし会話帳とか持っていると便利かもしれませんね。

■実際に買ったやつ■


・マニラのタクシー種類トライシクル・ジプニー(JEEPNEY)


マニラの公共交通機関はバスや乗り合いワゴンなどです。これ以外にはタクシー、トライシクル、ジプニー等があります。中でもタクシーにはいろいろ種類があり以下ご紹介します。

・普通のタクシー (一番安い)
 メーター初乗り40ペソですが、メーターを使わないドライバーやボロボロの車、拳銃を持っているといわれている運転手、酔っぱらいながら運転しているタクシーなど一時的に来ている人には判断することが難しい危ないタクシーが多いのも事実です。会社の方針で乗車が禁止されているような会社もあります。

・空港タクシー (普通のタクシーより高い)
 空港に乗り場がある空港タクシーです。空港タクシーの特徴はイエローキャブつまり車両が黄色です。何の変哲もない黄色です。
普通のタクシーよりは高いですが、その分安全性は増します。普通のタクシーだとホテルの場所がわからないや伝わらない。なんてことがありますが、黄色いタクシーはホテルに行くのに慣れています。

・レンタカー(一番高いが事前予約できて安心<おすすめ>
 レンタカーと言っても日本のように自分で運転することはありません。フィリピンで運転したことない人がいきなり運転するのはほぼ事故にあうと思っていいでしょう。
車と運転手がついていて事前予約が可能で、乗車してから行先を伝える必要もなく安全委送り届けてくれます。(下段に予約方法を解説します。)

・バス
 日本でいうと観光バスみたいなやつに運転手と料金徴収するお兄ちゃんが乗っていますが、私がここで暮らしていてもどこに行くは謎なことが多いです。

・トライシクル(三輪車)
 ペディキャブと呼ばれる自転車の横に人が乗るサイドカーをつけているもの、バイクの横にサイドカーがついているものの2種類あります。
バイクのトライシクルには乗車したことないですが、自転車型のペディキャブには乗車したことがあります。乗り心地は最悪です(笑)乗り物酔いする人は絶対にやめておいたほうがいいですし、そもそも英語ができない運転手が多いので乗らないことをお勧めします。

・ジプニー(JEEPNEY)
 ジープ型リムジンというとものすごく聞こえはいいですが、トラックに屋根がついていて向かい合って座る形式です。雨が降ったら窓にビニールがかかります。
乗り心地もサスペンションが聞いていない感じで天井は低いです。降り方や料金の支払い方に独自の文化がありますので、フィリピン人に付き添ってもらわない限り乗車できないでしょう。他人と密集するためスリや置き引きにも十分に注意が必要です。
ジプニーというのは米軍統治時代の軍から払い下げられたジープを改造して大人数が乗れるようにしたのが発祥といわれています。
現在はいすゞのエンジンが人気みたいですが、全部手作りのため同じ車両はない。と言われています。
 

・マニラ空港タクシーおすすめ


マニラ空港からマニラ中心部(マカティ市・マニラ市・パサイ市・BGC・オルティガス等)へのホテル移動は前述のとおり、レンタカーがお勧めです。
到着時だけでなく、帰国時もこのレンタカーは利用できます。
金額は大体500ペソから600ペソ、普通のタクシーだと200ペソもあればいけます。空港タクシーだと350ペソくらいが相場です。
このように金額的には2、3倍しますが、メリットは大きいと思います。

◆メリット①インターネット予約ができる。
②行先(お迎え場所)が事前に指定できる。
③領収書を発行してくれる。
④空港の周りにいる怪しいフィリピン人に惑わされない。
⑤料金が事前にわかる。
⑥安心。
⑦万が一忘れ物をしても連絡が取れる。
⑧大人数でも一人でも安心。



①インターネット予約ができる
インターネット予約ができます。英語のメールをしなくても、国際電話をかけなくてもフォーマットに必要事項を記入するだけで予約ができちゃいます。確認の連絡は登録したEmailに連絡が来ますが、PDFの予約表が送られてくるだけなので英語が苦手でも問題ありません。
詳しいやり方は「マニラ空港からのタクシー(レンタカー予約方法)」をご覧ください。


②行先(お迎え)場所が事前に指定できる
タクシーだと行先を運転手に自分で伝えないといけません。ただ、このレンタカーは行先を自ら伝える必要がありません。英語やタガログ語が苦手でも安心です。(ドライバーの英語は定まらないのでコミュニケーションは最初は難しいかもしれません。)
詳しいやり方は「マニラ空港からのタクシー(レンタカー予約方法)」をご覧ください。


③領主書を発行してくれる
「出張だから、安心でちょっと高くてもいいけど、経費で落としたいな。」と思っている方にも安心。一般的なタクシーは領収書を発行してくれないケースが多いですが、このレンタカーは運転手さんが降車時にちゃんと領収書をくれます。これで、経費の精算も安心ですね。
詳しいやり方は「マニラ空港からのタクシー(レンタカー予約方法)」をご覧ください。


④空港の周りにいる怪しいフィリピン人に惑わされない。
空港のゲートを抜けるとものすごい人がいることでしょう。「タクシー?」って聞いてたり「荷物持ってあげるよ」なんて近づいてくる輩がいますが、絶対に着いていってはいけません。小学生の時に習いましたよね。知らない人にはついていかない。大人になってもそれは一緒です。でもレンタカーを予約していれば、ホテルまでどうやっていこうかな。なんて思案する必要もなくなりますので、そんな人たちにと目を合わせることなくカウンターに向かえばいいのです。
詳しいやり方は「マニラ空港からのタクシー(レンタカー予約方法)」をご覧ください。


⑤料金が事前にわかる。
ぼったくりの心配をしている人も安心の予約時に料金が明示されます。運転手は無意味なチップを要求してきたりすることもないです。(本当に気持ちの20ペソくらいあげてもいいと思いますが。)どんなに渋滞していても後から料金が変わることはありません。高速道路を使うとその料金は自腹ですが、現時点ではマカティ中心部に来るだけなら20ペソです。
詳しいやり方は「マニラ空港からのタクシー(レンタカー予約方法)」をご覧ください。


⑥安心。
すべての素性がわかっているので「安心」です。アンデスレンタカーですね。車両内に拳銃を置いていることもないでしょう。
詳しいやり方は「マニラ空港からのタクシー(レンタカー予約方法)」をご覧ください。


⑦万が一忘れ物をしても連絡が取れる。
「やばい!忘れ物!」って時、普通のタクシーに乗車したらそのあと運転手を探して忘れ物を回収なんてことはまず無理です。このレンタカー会社なら、いくらか可能性があります。レンタカー会社に連絡すれば相当高価なものではない限り出てくるでしょう。それでもやっぱり忘れ物をしない。というのが前提です。
詳しいやり方は「マニラ空港からのタクシー(レンタカー予約方法)」をご覧ください。


⑧大人数でも一人でも安心。
何人乗るのか予約時にお知らせしているため4人でスーツケース込みでも対応できるような車両があります。それ以上になると2台、3台に台数が増えていきますが、4人で安心で600ペソなら一人150ペソです。日本で空港から自宅に戻る電車賃より安くレンタカーに乗れるわけです。
詳しいやり方は「マニラ空港からのタクシー(レンタカー予約方法)」をご覧ください。


私、ここの会社の回し者ではないですが、このタクシーはお勧めです。







・マニラ近郊タクシーおすすめ


市街地でタクシーに乗らなければいけない状況に陥ってしまった場合、まずすることはホテルやレストランのボーイ(外に立っているセキュリティなど)にお願いしてください。彼らに行先を伝えてタクシーを捕まえてもらいましょう。彼らはタクシーの番号をメモしてくれるので何かあった時に流しのタクシーよりはよっぽど安心でしょう。
また、彼らを通じて捕まるタクシーには「比較的」良識的なタクシーが多いです。
ただし、彼らを通じてもぼったくりしようとする悪いドライバーもいるので最後はやっぱり自己責任です。
フィリピンはタクシー側が乗車拒否できますので、日本と同じ感覚だとドライバーから降りろ。といわれることもあります。
反対にちょっと走り出しても「メーターを使わない」場合や範疇を超えた追加料金を求めてくる場合には「降りる」と宣言して降りてしまえばその時点では料金は発生しません。(大体数十メートルくらいまで)
安全では決してないので、乗らなくて済むのであれば乗らないでください。





ではまた。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全記事表示リンク

全記事表示リンク

プロフィール

philippinestarochan

Author:philippinestarochan
ドライバーマンです。 こんにちは!

フィリピン在住30代のおじさんですがゴルフ好き、お酒好きのダメおやじまっしぐらな生活をしています。

ドライバーの意味は運転手でもなく、工具でもない、ゴルフクラブのドライバーのことです。
フィリピンでの生活の参考にしていただければと思います!

連絡先
philippines.taro.chanあっとgmail.com

月別アーカイブ

.switch {display: none;}
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。